ウェブアクセシビリティ方針

公益社団法人 NEXT VISION では、視覚障害者の日常生活・就労など社会参加活動等に対する様々な支援を行っています。視覚障害者の社会参加を進めていくうえでパソコンやスマートフォン、タブレット端末をはじめとするICT機器の利活用の促進、及び情報アクセシビリティの向上が非常に重要です。

2016年4月1日には障害者差別解消法が施行されましたが、同法に基づく政府の基本方針(2015年2月閣議決定)の中でも、情報アクセシビリティの確保・維持・向上が求められております。
参考:内閣府「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」
(新しいウィンドウで開きます)

そこでNEXT VISIONウェブサイトでもウェブアクセシビリティの確保・向上に取り組んでいきます。取り組みの拠り所としてウェブコンテンツに関する日本工業規格「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応していきます。

対象範囲

公益社団法人NEXT VISIONのウェブサイト(https://vision-care.nextvision.or.jp/)全体

目標とする適合レベル及び対応度

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠

注記:本方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会が公開している「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン – 2016年3月版」で定められた表記による。
ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン
(新しいウィンドウで開きます)